優雅にティータイム!実はすごい紅茶の効能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家事や仕事の合間、もちろん休憩などに愛用している紅茶党の方がたくさんいますよね。

実はすごい紅茶の効能についてご紹介していきます。

紅茶の効能

t4
出典: u-note.me

紅茶は嗜好品としてだけではなく、実はカフェインやポリフェノールなどが豊富に含まれており、脂肪の分解やカロリーの高いものを体外に効率的に排出したり、老化の原因の抗酸化作用を抑えるのにも適しています。脂っこいものや糖分を取ってしまった時、これらの効能で少しでも体に残る困りごとをさらりと流してしまいましょう。一見優雅なティータイムやちょっとした気分転換でも、美容効果のあるストレートティーを合わせることで一緒にお菓子を楽しんだライバル達から、一歩前進できてしまうかもしれませんね。

もちろん、効能はそれだけではなく、紅茶に含まれるカテキンなどには、殺菌作用があるため風邪ウイルスなどの動きを抑制したり、虫歯の発生を防ぐ効果があります。また、寒い時期にはホットで飲むと体を中から温めてくれるので、うがい手洗いと一緒に食事や休憩のお供に飲む習慣をつけてみるのも良いかもしれません。

さらに、紅茶にはストレスの緩和など心身のリラックス効果があると言われます。特有の豊かな香りには緊張した心身の状態をときほぐす効能があり、ハーブをブレンドしたものだとより一層の効能が期待できます。例えば、「カモミール」のブレンドならリンゴのような甘い香りで、気分を落ち着かせる鎮静効果。「ペパーミント」なら清涼感とペパーミントのすっきりした後味で、胃腸の調子を整え、「レモンバーム」は酸味はなくすっきりとした味わいとレモンのような香りで、精神的に気持ちを落ち着かせる効果。ブレンドティーそれぞれが優秀な効能を持ち、効果が期待できるとも言われています。

他にも、ローズヒップやオレンジピールなど、たくさんのブレンドや茶葉の中から、お好みの香りや味、お悩みに合わせて紅茶を選んでみるのも、仕事や家事のリフレッシュや、よりよい生活を送るため一役買ってくれるのではないでしょうか。

ちなみに、これらの紅茶の効能は基本的に「淹れたての紅茶」の効能なので、ペットボトルの紅茶などでは効果が半減してしまいます。美容や健康、リラックス効果もしっかりと発揮させたいときは、ティーバッグでもいいので自分で淹れた出来立ての紅茶を飲むことをおすすめします。

 

このように、様々な効能のある紅茶。ぜひ、次の休憩タイムに飲んでみて紅茶に癒されてください。

紅茶について詳しく知るには

紅茶をもっと詳しく知るには、webで学べる資格がおすすめです。
formieの紅茶アナリスト資格なら、わかりやすく網羅された内容をスマホで学べるので、初心者にもぴったりです。

紅茶アナリスト資格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加